The Keikyo
February 5, 1997
Martyrs
Museum

資料提供:

キリシタンホロコースト博物館

In Memoriam to the Kiristan Christians 景教
について

1597年2月5日に始まり、250年間に及んだキリシタン迫害の歴史の中、自らの信仰を守るために殉教を選んだ100万人の日本人クリスチャンをここに追悼します。

誰が景教だったの?

キリシタンによる工芸品 Kirishtan Artifact

『景教』という言葉は、『輝ける宗教』という意味を表す中国の表現に由来しています。最も古い日本人クリスチャンのある集団が、西暦198年という早い時代にこの言葉を使い始めた可能性も考えられます。


悲劇的な事に、初期キリシタンの歴史のディテールに光を当てたであろう情報の多くが、280年間のキリシタン迫害の中で失われました。

多くの学者が、初期教会の広がりにともなって数多くの敬虔なクリスチャン宣教師が、キリストの『地の果てまでも福音を宣べ伝えよ』という命令を真剣に受け止めていたと信じています。インドには西暦52年、中国には61年、そして日本には198年か199年にキリスト教の宣教師が存在したという証拠もあります。初期のクリスチャンたちはしばしば、自立した共同体の中で、当時知られていた世界の隅々まで旅行し、教えを広めていったのです。

インドでは彼らの子孫は少数派でしたが、それでも1000人の内の10人を占めていました。中国では唐の時代、巨大な景教の寺がどの省にも建てられました。

景教は日本にも深い影響を与えました。京都の町を建てるにあたって、景教が関与していたと信じられています。京都に太秦(うずまさ)という地域がありますが、中国でクリスチャンの教会を指すものと同じ漢字が使われています。

日本の皇帝の歴代記録書には、西暦737年に景教の牧師が皇帝一家を訪ねた記録があります。また多くのほかの様々な種類の同じ時代の歴史書にも、景教の影響が広大な範囲に及んでいた事をほのめかす個所があります。コウミョウ皇后がキリスト教を信奉していたことは知られていましたし、後に癒しの奇跡を行う偉大な聖徒として知られるようになりました。彼女の偉大な姪はキリスト教の修道院に入り、与えられた天国のビジョンを巨大な刺繍の作品に仕上げました。この芸術作品は今でも聖なる都、京都で見る事ができます。

今日、日本は仏教国であるとか、あるいは無宗教的な国であるということが正論と されていますが、日本のキリスト教の歴史は、景教の存在によって、18世紀もの長さに引き伸ばされました。このアジアの歴史は、キリストの福音が西洋だけの現象ではないことを証明します。キリスト教の炎はコロンブスがアメリカ大陸の海岸に到着する以前から東洋で燃えていたのです。


もっと詳しい情報をお望みの方はメールで知らせてください:

The Keikyo Institute

Updated Jul/10/98. Hits since Feb/01/97:
Top of page
The 400th Anniversary | The Martyrs | The Kirishtan | The Museum